<
<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
桜の園
毎日ひなぼんと歩く土手の道は
わりと高台にあって周囲をぐるっと見渡せる
いい景色の散歩コースです

交通量の多い府道から
つづら折りの土手の道がジグザグに折れて
この高台まで続きます
FJ311601.jpg
こないだの日曜日の午後は
少しひんやりでしたが晴れ間が見えたので
夕方少し早めの散歩にひなぼんと出かけ
つづら折りを一つ降りていつもより長いコースに行きました

折り返してすぐのところに
わりかし立派なパネル?が建ってるんですよ
FJ311596.jpg
ちゃんと写ってませんが
ここは水上勉の小説『櫻守』の舞台となったところですよ
っていうパネル?なんですよね

上の写真の右側のこんもり低めの山のところが
向日神社の鎮守の森
そこから左にカーブしながらこの土手の道へと
そういわれれば桜の道が続いてるんですよね♪

昔は本当にきれいな桜の園やったそうですが
道路の開発やらなんやらで
たくさんの桜が切り倒されてしまったそうです

・・・で
いつか昔の桜の園が戻りますようにと願いをこめて
土手の斜面に若い桜の苗木が植えられたそうですよ
FJ311598.jpg
こんな写真ではわからないほど
まだまだ若くて細い苗木の先には
恥ずかしそうにほんの少しだけ桜の花が咲いています

20年後この土手の桜が大きく育って
向日神社から続く桜の道がうすピンクに染まる日がくるんでしょうね・・・

その時にはさすがにひなぼんはいいひんね・・・
私は孫の手をひいて桜の園を見るんでしょうか
それとも孫に手をひかれて桜の園をみるんでしょうか?^ー^

今度水上勉の小説読んでみようと思います
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

bring-bring

Author:bring-bring
bring-bringのブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター