<
<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
自分の居場所?
こないだ見てきた映画の話の続きですが・・・

昨日お会いした人とこの映画の話になり
『あー それ私も見てきましたよ♪』
よかったですよね ・・・っと 続けたかったところを
その方にバッサリと あんなつまらん映画しらんわ
っと斬り捨てられてしまったので
以下は 自分の感想は言わず ただ黙ってその方の感想を聞いていましたが

『隣の人があのシーンで泣いたはったのがびっくりした 二度見した
どこに泣く要素があったのか全く分からんかった』
っと 続けられ 
同じそのシーンでつるつるととめどなく涙を流していた私も
敢え無く切り刻まれてしまい

その後はその方の感想もあまり耳には入らず
あいまいな相づちをうってやりすごしました

まぁ こればっかりは感性や価値観の違いなのでね
どうしようもない

私がこの映画に涙したのは
主人公が先代の呪縛にがんじがらめになっていて
自分の想いには蓋をして生きてきたし
これからもそうして生きていくことを決心してたから

その蓋を開けようと頑張ってたのが
百恵ちゃんの息子さんですが
頑固な主人公の気持ちを変えることができず
あきらめて 自ら転勤を願い出て
主人公の前から姿を消します

その時の主人公のセリフですよ
『・・・なんだか悔しいわね 自分の居場所を簡単に変えてしまえるなんて』

これですよ
このセリフ
ここ私の泣きポイントでした
(そらええわなぁ どこでも自由に動ける人は)
って感じ?

自分の居場所を簡単には変えられない人
きっと多いですよね

いややったらやめたらいいやん とか
いややったらせんといたらいいやん とか
そんなことで片付くことじゃない
どうしようもない 感じね

感性や価値観の違いに加えて
生きてる環境の違いも こうした映画の感想の違いに
大きく差が出るんやろうと
切り刻まれた心を拾って繕った昨夜でした

まぁ 私も自分の居場所を簡単には変えられないし
先代から松雄を引き継いだ二代目の主人の嫁ということは
若干の呪縛に私も憑りつかれています
簡単に変われる人はええわな
っと嘆くばかりでなく
変えられない居場所の中ででも
いかに自分は良い変化を続けていけるかってことを
考えていかなあかんなぁ・・・って 
この映画を見て 私は思ったんですよね

かなりバッサリ斬られたけどね
長々と愚痴ってしまい 失礼しました
ちょっとスッとした(*^ー^*)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

bring-bring

Author:bring-bring
bring-bringのブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター