<
<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
お花みかん
子供の頃 私の実家は八百屋やったんですよ
それこそ街の小さな八百屋で
店先に三本脚の背の低い丸椅子を置いて
そこにいつもおじいちゃんが座って店番をしてました

おじいちゃんの腰袋にはいつも小さな包丁が挿してあって
お客さんの要望に応じて
白菜を半分に割ったり 大根を半分にカットしたり
小芋の皮をむいたり 青菜の悪くなった葉をカットしたりしたはりました

で 私はそのおじいちゃんの膝の上に座るのが定位置で
毎日 朝から晩までずーっとおじいちゃんと一緒にいて
美味しい野菜の見分け方
新鮮かそうじゃないかの見分け方なんかを
いろいろ教えてもらった記憶があります

おじいちゃんの膝の上にいると
いつも 美味しいもんを ぽいっと口に入れてもらえるのですが
みずみずしい大根たったり 
味見に出す柿やったり
ほろ苦くて甘い ほうれんそうの軸やったり・・・

中でも一番記憶に残ってるのは
おじいちゃんにもらう お花みかん
IMG_2471.jpg
みかんを横半分にカットして
お花みたいにしてもらうのが
いつも特別に美味しくて甘くて
これはおじいちゃんにとって私が特別な存在やから
もらえてるもんやと思い込んでいました

数年たっておじいちゃんがなくなって
家族でみかんを食べてた時に
父親に おじいたんみたいに お花みたいにみかんをむいてほしい
っとお願いをしたら

ぷーーーーーーーっ!! っと噴出して
それは そのみかんが腐ってたから
悪なったとこだけを切り取って
残りを食べさしてもらってたんやんか
そら 甘かったやろ 半分腐ってたんやし
と言われ 自分で剥いて食べ
っと まるままのみかんを渡されました

あーーー そういうことやったんかぁ・・・

昨夜 一部悪くなったみかんを
お花みかんにして おじいちゃんを思い出しながら食べました
四十数年も昔の思い出です♪
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

bring-bring

Author:bring-bring
bring-bringのブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター