<
<<08  2017,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
・・・せつない
ほんの一か月ほどやのに
ツバメが巣を作り出してから
ふとした時にテントを見上げる癖がついてしまって

そのたび 今回の惨劇の残骸が残ったテントが目に入って
切なさが倍増します・・・

ぶら下がってた巣を修復できるはずもないので
仕方なしほうきでつついて落としましたが
親鳥がせっせと泥や小枝、枯草を運び固め
自分の羽を抜いてクッションにしたような
かわいい丸い巣が落ちてきました

・・・・せつない

それ以降親鳥の姿もみませんし
他のツバメも寄り付かない感じです

tubame.jpg
みえますか?
これは自宅の玄関のツバメの巣
こちらは どうも夫婦の片方が事故にあったようで
車にひかれてしまって シングルで育てています

そのせいかなかなか孵化しないようで
ながいこと巣の上にのってます

亡くなった方がオスなのかメスなのか
わかりませんけど
男やもめで子育てなんて大変・・・っとか考えましたけど
・・・まぁ 母乳で育てるわけじゃなし
オスでも子育てはできるんでしょうけどね

片方では餌をとれる量にも限りがあるでしょうし
米粒でいいなら援助してやりたいと思ってるんですけどね
それではあかんのでしょうね・・・

せめてこの自宅の巣は カラスから死守したいと思っていますが
きっとカラスにも 裏山に巣があって
そこにはカラスのヒナがお腹をすかせて待ってるんでしょうしね・・・

・・・せつない

嫁に来たころはまだまだ竹やぶや雑木林が多い地域でしたし
カラスの住処や餌になるものも多かったんでしょうけど
開発が進んでそこに家がどんどん建って
カラスたちの行き場がなくなってきたんでしょうね・・・

・・・はぁ~ せつない話です
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

bring-bring

Author:bring-bring
bring-bringのブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター