<
<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
夜明けとともに
昨夜は ひなを主人の部屋に泊まらせて
はるちゃんと二人で いつもの和室で寝ました

二匹が揃ってると 寝るタイミングが合わずに
ややこしい夜になりますが
どちらか一匹ずつならなんてことない
あっさりと就寝タイムに入れました

ところがですよ
夜が明けて 和室の障子越しに
朝日が差し込むと
もうはるちゃん寝てられません!

私の顔を舐めるは 手を噛むは
背中にのしかかるはで
起きざるを得ない状態に・・・

寝ぼけた目で時計を見たら
・・・・・・・4時台?
まだ5時になってないやん・・・

まぁ 起きてしまったもんは仕方ない
はるちゃんと二人 朝日がさんさんと登っていく
夜明けの町内を散歩に出かけました

1キロ半ほど離れたJRの線路に
貨物車が走る音が聞こえてきたり
なかなか姿は見えないのに
遠くから坂を上ってくる新聞配達のバイクの音が聞こえたり
静かな静かな朝の町を 
私は ネムネム とぼとぼ
はるちゃんは ウキウキ きょろきょろ歩く
朝の散歩でした

朝食が終わるころ
はるちゃんには眠気が来て
一暴れした後 コロンと寝てしまうのですが
夜明けとともに起こされてしまった私は
今日も長い一日を過ごすことになりそうです
眠気と戦いながらの・・・ 
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

bring-bring

Author:bring-bring
bring-bringのブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター