<
<<08  2019,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
鎮静剤恐るべし!
昨夜は ひなを連れて獣医さんへ

ひなの膀胱炎がひどく そのお薬と
満身創痍なひなを診察してもらいました

夜中のジタバタが激しくて
昼間も そのせいで怪我が絶えないという話をすると
じゃあ 鎮静剤を飲ませてみますか?
これは犬本人の治療のためというよりは
飼い主さんが安眠できるための処方です
・・・・・とのこと

夜中の寝不足は良しとしても
昼間に暴れまくって怪我をするのは
本当になんとかしたいと思っていたので
ぜひ 試してみたいです
っと 昨夜から鎮静剤を処方してもらうことになりました

寝る一時間前に飲ませてみてください ということだったので
11時ごろほんの小さな錠剤の欠片を一つ飲ませたら
ほんの10分ほどした時に ひなの身体の力が
すーっと抜けて 全身を私に預けてきて 眠りについたのがわかりました

そーっと体制を整えて 布団に寝かせて
私も横に布団を敷いて寝ましたが
なんと そのまま ずーっと 朝まで寝っぱなし!

布団の場所を動かしても 寝返りをさせても
横ではるちゃんがご飯を食べてても
眼は動いたり 口は動いたりするけど
身体は一向に動かない・・・

鎮静剤がよほど効きすぎているのか
12時間たった今も寝続けています

・・・・・生きてるか?
っと お腹に耳を当てて 心臓の音を確かめ
口の近くに顔を寄せて 生臭い寝息を確かめて
あーー 生きてる・・・っと 安心する 
そんなことの繰り返しをしています

さて 今日は いつまで寝るんでしょう・・・
薬の効きすぎも 怖いですしね
薬の加減をしないとなぁ・・・


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

bring-bring

Author:bring-bring
bring-bringのブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター